心電図のT波増高が示す、高カリウム血症によるテント状T波とは



シンママナースの マリアンナ です。

透析患者の心電図モニターに突然テント状T波(T波が突然増高)が。同時にNsコールあり、「胸が苦しい」と。

こまったポンコツナースのわたしは、T波の増高と透析患者に起こる高カリウム血症の関係について、調べてみました。

透析患者×高カリウム血症×テント状T波についての忘備録です。

 

 

ある日突然起こったびっくりするくらいの高いT波

ある日勤の日。

高カリウム血症・腎不全で透析中、状態が悪い患者の心電図モニターのアラームが。

VPCとかでてるけど、なんか違う・・。

ん?異常なくらいT波が高いぞ・・?

 

すぐに心電図モニターの本を読み漁って、

劇的なT波の増高は、高カリウム血症によるテントT波だということがわかった。

あぁ、なんか心電図研修とか循環器の授業でもいってたな・・。(すぐ思い出せない)

 

テント状T波の心電図波形(ECG-cafeさんから引用させていただいております)

高カリウム結症 - 波形と特徴 高カリウム血症の実波形

 

 

そうそう、こんな感じ!

t波が異様に高い・・。

気持ち悪い波形ですね。

 

 

高カリウム血症によるテント状T波とは

テント状T波の機序

なんで高カリウム血症だと、T波が異常に増高するんだって話。

 

血中のカリウム値が正常値より高くなると、

細胞内にカリウムと血中のカリウムのバランスが取れなくなる。

すると細胞は脱分極しにくくなる。(詳細は知識の卵さんに掲載されていました)

そもそも心臓が動くためには細胞の脱分極によるエネルギーが必要。

 

血中カリウムが高値なことで、細胞のイオンバランスに変化をもたらし、

細胞が再分極(エネルギーを作る工程みたいなもの)する時間が短くなってしまう。

それが原因で、収縮した心臓がフワっともとに戻る時間がなくなる。

つまりT波の間隔が短くなって、T波が増高するらしい。

 

もう難しいし細胞とか分極とか違う世界だから、簡潔にまとめよう。

 

要は

⇒カリウムが高値

⇒心臓を動かす細胞のエネルギーに異常が起こる

⇒収縮した心臓がもとの形に戻りにくくなる

⇒収縮した心臓をもとに戻すために力強く心臓が拡張する(←これが増高T波!)

 

T波って、収縮した心室がフワっと広がるとき(拡張するとき)を表した波ですからね。

心臓が勢いよく元の形に戻っているイメージでしょうか。

 

 

高カリウム血症によるテント状T波のポイント

 

さっきの画像をまたおさらい。

高カリウム結症 - 波形と特徴

 

  • 心電図の幅がなんだか広くなる

・・・QRS波幅が延長する。

 

  • P波がない、もしくはやたら高い

・・・P波が減高 もしくは 消失する。

 

  • STが低すぎ+高すぎ

・・・STが上昇 もしくは 下降 する。

 

  • T波が異常に高い

・・・T波の増高(テント状T波)

 

 

テント状T波が現れたら~観察ポイントと判断~

高カリウム血症によりテント状T波が現れたら、

まず致死的な心停止等にならないことにポイントをおいて、

観察が必要になります。

 

血中カリウム値によって、目安になる心電図波形は以下のようにかわります。

 

カリウム値 心電図
5.5

6.5
テントT波
テントT波
6.5
-8.0
P波消失
PR延長
QRS幅拡大
徐脈
ブロック 等
8.0以上 正弦波(sine wave)
↓こんなやつ
正弦波(sine wave)VT(pic:コウメイ塾さん)
VT心電図

VF(pic:オペ・ナース養成講座さん)
VF心電図

心停止

 

テント状T波があらわれた地点で、血中カリウム値が5以上ある。

 

患者の血中カリウム値が上昇していけば、
やがて心電図モニターはP波消失やPR延長、QRS幅拡大、、徐脈、ブロック波形等を示すようになり、
カリウム値が8を超えるようになれば、いずれはVT・VF波形を生じるようになる。

たぶんそんなことがあればこの地点で、循環不全状態だから患者さんは意識を失っているか、失いかけているかっていう状態でしょう。

 

テントT波が現れて、高カリウム血症だ!っていうのが予測できた地点で

看護師としてできることはまず、
患者がこのVF波形やVT波形にならないよう、早期発見して医師に指示を仰ぎ、予防すること。
テント状T波がでた地点で、
胸部症状や倦怠感などの訴え、心電図モニターの変化やバイタルサインの観察が重要になってきます。

 

観察すべきところは、

・患者自身の症状の訴え(胸部症状や嘔気、倦怠感等)

・バイタルサインの変化

・患者の意識レベル変化

・心電図モニターの変化

・脈リズムなどの身体的情報

とかは最低限みておきたいところですね。

 

それらをある程度おさえていれば、

ドクター報告もある程度スムーズにできるかと思います。

 

透析患者と高カリウム血症は関係があったのか?

わたしが今回受け持った高カリウム血症の患者さんは、腎不全の透析患者でした。

透析患者は腎機能が低く、健常者であれば尿中に排泄されるカリウムが、正常に排泄されない問題を抱えています。

透析患者さんは基本腎機能が悪いので、電解質トラブルをかかえやすいんですね。

 

今回テント状T波を生じわたしを悩ませた患者さんは、

テント状T波と同時に強い胸部症状と高値の血圧を伴っていたので、

すぐドクターコールして、12誘導と血液検査をしてもらいました。

 

検査だなんだってしている間に、なぜか胸部症状はおさまり、

血液検査の結果もカリウムは6前後でした。(まぁ高値は高値ですけどね)

 

良い勉強になりました。

 

看護師って、本当にいろんな知識が必要になる仕事なので、

大変さをつくづく身に染みている今日この頃です。