看護リーダーは疲れる、の巻



シンママナースの マリアンナ です。

 

看護師になったら避けては通れない「リーダー業務」。

これがまた経験が浅い間は辛いんですよね。

医師との連携、他ナースへの指示、患者のクレーム対応。

ストレスでハゲそうです。

 

わたしだリーダー業務のなかでも一番ストレスに感じるのは、クセのある医師との連携と、クレーム対応。

 



看護師のリーダー業務。一番のストレスは「医者との連携」

 

看護リーダーに当たったときに、わたしが一番ストレスを感じるのは、「医師との連携」。

っていうのも、だいたいの先生は普通なんだけど、ときどきクセのある先生っているので。それがやっかい。

 

わたしが今まででストレスに感じたのは、例えば

 

  • 忙しいって切れられる、もしくは機嫌が悪い。

いや気持ちもわかるんだけど。でも連絡報告しないとそれはそれで医者も困るでしょ、ってなる。しなくていいならしないけど。

 

  • 耳にタコができそうなくらい処方をお願いしても忘れている。

先生も忘れるだろうと思って善意でなんどか連絡するけど、3回以上「点滴出てませんよー、処方きれてますよー」って言ってもオーダーでてない。もう知らん。ってなる。それで残業とかなると、発狂しそうになる。わたしの本職は伝言屋か、ってなる。

 

 

  • オーダーの出し方があいまい(具体的じゃないから聞きなおさないといけない)

医師指示で、その指示が具体的じゃないと困る。

どういうときに、どうしたらいいのか。

発熱時投与って具体的に体温何度からでいっていいのか、SPO2がいくら以下になったら酸素いっていいのか。上限値はいくらか。わかるでしょっていうようなことでも、しょせん看護師は法律で「医師の指示に従って」ってあるわけだから、指示は具体的に出してもらわないと困ることもあるだ。先輩に「なんでもっと細かく指示もらっとかないの?」って怒られることもあるから。結局、看護師は自分の判断で、治療行為はしてはいけないので。

 

  • 何かにつけてやたら怒鳴る、DNRだけどエマージェンシー感出してくる(状態変化があったらすぐ俺に連絡しろ!あれもこれも観察しとけ!みたいな。)

これが一番ストレス。看護師が明らかに間違ったり、悪い事したなら仕方ないけど、「え、それ怒鳴るとこ?」って思うようなことはよくあるんだよね。家族が「もう何も治療しないで、このまま息を引き取らせてください。」って言っても、やたらあれこれ観察したがる。治療したがる先生ってたまにいる。別に治療は医師が決めることだからいいけど、治療しないでほしいという家族と本人、熱意ある医師との温度差に、板挟みになる。

ターミナルにあえて尿カテーテルを入れたりしたくない看護師と、状態をしっかり見たい医師と。この温度差。やりずらい。

 

 



意味不明なことで怒られるリーダー業務

 

看護リーダーに当たったとき、一番いやなのは、医師が怒鳴ること、やたら怒ること。それも、論理的に怒るっていうより、もうDV夫みたいに怒るひとっているんだよね。

 

看護師が悪いときもあるし、そうでないときもあるから、一概に怒るっていうことが悪いとは言えないんだけど。

 

だけど明らかにこの先生ってクセあるってひとはいたりする。

え、そこ怒鳴る必要ある?みたいな。

明らかに看護師に当てつけを込めてるよねって感じのひと。

 

なんて言っていいのかわからんけど、なんか、常に俺を立てろみたいなオーラがすごい医師。いるんです。病棟に入ってきた瞬間、すごいオーラで入ってくるの。俺様がきたぞ、みたいな感じで。ジャイアンみたいな感じで。

 

俺の口頭指示を聞き漏らすなよってピリピリした感じ。

で、口頭指示を聞き漏らしたら看護師にすごく怒るんだけど。

まぁ口頭指示を聞き漏らした看護師が悪いけど、そもそも電子カルテっていう便利なものがあるんだから、そこに書いてよって思うこと多々ある。

 

カルテに書くのめんどくさいだろうから、口頭でさーっと指示を言ってかえる医師っているんですよ。

殺伐とした忙しい病棟で。

先生が忙しいのはわかるけど、看護師って一人の医師の指示だけをひろってるわけじゃないから。

見てください、今急変対応中なんです。みたいな。

 

看護師がミスをしたら怒られるのは仕方ないけど、もうちょっと医師にも協力してほしいと思うことはあるし、暴力的な言葉で看護師に圧をかける、っていうのはほんとやめてほしいときはあります。

 

そういう医師にあたるとすごいストレスだし、業務の効率もわるくなるので良くない。

 

だけど、「この先生いやだな」って思ってたり、悪口言ってるだけじゃなにも変わらないので、最近はいろいろ自分流の対策をするようにしています。

怖い医師でも、やっぱりチームなので、うまくやっていくためにはどうしたらいいのか。

 

 



わたしの「ややこしいドクター対策」

 

わたしはやたら怖い医師に限らず、明らかに権力を振りかざしたり、暴力的なひとがいたら、「周り取り巻き対策」をとります。

なんだそりゃって感じだけど。

 

ようは周りを巻き込んで、自分の味方につける感じ。

 

なので、「あ、このひと一緒に仕事しずらいな」って思ったら、

権力のあるひとに被害者っぽく相談します。

この被害者っぽくってのがミソでして。

 

めんどくさいと感じる相手が医師なら、まず師長に相談する。

師長から部長へ、部長から院長へ、で、院長からその医師へトップダウンで指導してもらうのが目的です。

いやー、だって平の看護師なんて所詮権力がないもんですから。

 

相談するときは、まるでわたしは悪くない、一生懸命頑張ってるんだけど、あんなやり方されると業務に支障でます。みたいな感じで、申し訳ないけど、先生をちょっと悪者風に仕上げて相談する。話盛る。周りにも賛同を得ておいて、みんなの意見みたいに言う。

 

上司にとってなんとかしなきゃ!っておもうようなシチュエーションで伝えます。

 

最近、ひとりどうしてもクセがある先生がいて、あんまりにも横柄すぎて看護師の業務に支障が出るので、師長に相談して、師長から部長へ伝えてもらいました。たぶん、院長から指導がはいると思うんだけど。

 

 

怒りん坊な先生ほど、こまめに報告しても「忙しい!」つって結構怒り出したりするんですけど。(わたしの印象ですが)報告しないのもダメなので。

 

 



看護師の仕事ってなんだろう?

 

なんかね、

クレーム対応とか怒りんぼうな医師がわーー!っと怒鳴りだしたりすると、「私の仕事ってなんなんだろう?」って思うことがあるんです。看護師になって数年はそういったことがあると、「もうやめたいな」って思ってたんですけど。

 

だけど、看護師の仕事って、クレーマーや先生の機嫌とりではなくて、患者のケアが中心にあるべきなので。怒りんぼうな先生やクレーマーに翻弄されていてはいけないなと思うところ。

 

本当に腹が立って怒っている場合は別として、

いつも怒っていたり、クレーマーだったりするひと。いわばおこりんぼさんって、結局は自分に注目してほしいって気持ちが背景にあると思うんです。

でも、常に感情が抑えられないひとのために、周りが翻弄される必要もないと思うんですよ。特にそれが仕事なら。自分の感情が、そういったおこりんぼさんに囚われちゃいけないんですよね。

 

看護師としてそれなりに経験積んできて、なんとなくそう思えるようになってきました。

 

実際、「わたしのお父さんのケアはこうしてください」って、びっくりするくらい細かいケアの指示を出してくる家族とかいます。まぁ、それが本来の患者のライフスタイルであるなら、看護師も協力するのは当然なんですが。

 

枕の位置や向き、シーツの向き、手の位置、足の位置まで図式で指示されたり、24時間何時にこれして、あれして、っていう指示を全部家族さんにされちゃうと、そこに看護師がとられて、他の患者さんがほったらかしになったりするんです。

 

だけど、要望されたケアを提供しないとクレームになったりするので、聞かざるおえないってのもあるんですが。人手にも限界があるので、どうしてもケアに偏りが出る。

 

看護師の仕事は本来、すべての患者を平等に、必要なケアを提供すること。

すべての病院でどうなのかは知らないけど、わたしの職場ではこれを実現するのは難しい環境かもしれない。

一部の患者さんだけ手厚くして、他の患者さんはほったらかしなんてことはあってはならないんだけどね。

 

 

でも、おこりんぼうな医師も、クレーマーな家族も、最終的にはみんなが協力する姿勢が大事ですよね。

医師も怒ってばかりじゃなくて、自分でできることは極力自分でしてもらったり。家族もあれしてこれしてって頼むだけでなく、自分の家族のケアに参加してもらったり。

 

そういった医療チームや患者家族の協力姿勢が、もっと定着していくといいんだけど。

 

 

あ、なんか愚痴みたくなってしまった。

 

看護師の労働環境はもっと改善の余地はありますね。

明日はリーダーだ。あぁストレス。いやだわ・・。